FC2ブログ

好きなことを好きなだけ書いた記事

どうも。
最近はアサギとmuramasa乱で自分の時間がありません(自業自得)

最近はTPPやら非親告罪化やらで(もう解決したらしいけど)
同人誌がいろいろと問題になってるようですが
よくこんな意見を目にします
「どうしてこんないいものがかけるのに二次創作なの?」
というやつです
根底から二次創作を糞だと申してるわけですなコイツは

確かに、二次創作というジャンルは「著作権法」の観点で考えれば違法になってしまうわけですが
一つ確認しておきたいのは著作権法の何に該当し、問題といわれるのかです

結論から言いますと「翻訳権」というものになります
Wikipediaによりますと
「翻案権」。 著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利。
勝手にローカライズしたり、いじったりしてはいけませんよってことですね(次回作にキャラクターを出す、というのも関わってくるようです)
例えばドラゴンボールの孫悟空を鳥山明先生自身がアラレちゃんに出す分には問題ありませんね
ではこち亀に孫悟空を出すには? 秋本治先生と鳥山明先生(集英社も絡んでくる?)間での合意が必要になります
これが翻案権です

では二次創作と呼ばれるものを振り返ってみましょう
仮に「もしもヤムチャが地球最強だったら」という作品を書いたとします
ドラゴンボールという世界観・ヤムチャというキャラクター・そしてそれを説明するにあたって必要なキャラクターが翻案権侵害にあたるはずです

ではこれを完全オリジナルで書くとしたら?
まず世界観がありませんので独自で描く必要があります
地球は問題ありません
なんか格闘家が溢れているんでしょう
その中の一人が主人公です

分かるでしょうか ただのバトル漫画ですね
労力は半端無く大きいです こんなものを同人誌のノリで出すのは無理です
まず舞台の説明からしなければいけないのですから
ドラゴンボールを本当に1mmもしらない人間に セル対ヤムチャ、といわれてもおもしろみもへったくれもないのと同じです

ちなみに「体が自由自在に伸びる男」が主人公なだけでは翻案権の侵害には当たらないようです(「思想・感情・アイデア・事実・事件などが酷似していてもそれだけでは翻案には当たらない」らしいので)
なので
麦わら帽子の体が自由自在に伸びる男が金髪になる髪の尖った男と戦う漫画を描いていても
翻案権の侵害には当たらない
ということになります
(ワンピースのコマとドラゴンボールのコマを切り貼りして作ると「著作者人格権の同一性保持権」のほうで引っかかってくるそうですが)

では「ドラゴンボールによく似た世界感の元、ヤムチャによく似たキャラが地球最強になる話」
これは翻案権の侵害には当たらないということになるはずです
地球で開かれた世界統一武闘大会にヤムヤムというオウガ台風拳の使い手がクリックという相手を破り優勝…
・・
どう考えてもアウトだよ、と言われそうですが翻案権上は問題ありません
最悪、
地球で開かれた天下一武道会にヤムチャという狼牙風風拳の使い手がクリリンという相手を破り優勝…
でも翻案権上は問題ない可能性が高いです

さて、ここで前を思い返してみましょう
本当に「もしもヤムチャが地球最強だったら」は翻案権侵害でしょうか?
よっぽど絵が酷似していなければ問題ないのかもしれません

つまり評価人いかん という話になるわけです
そして評価人とは…日本の場合裁判官にあたります

明確に本人を指定しない・著作物を使用しない
この2点を守れば(?)もはや2次創作ではない…のかもしれません

そして二次創作に文句をつける方々ですが
魅力的なキャラクターがいれば書きたくなるのは当たり前ではありませんか?
そしてそれを見たい人がいるのです
ファンアートだってダメなときはダメなのです
それともファンアート一枚一枚原作者に許可をとれと?

私が思うに著作権ってそういうものじゃないと思います

音楽著作権と絵画著作権と文筆著作権の海賊版と二次創作を一括に考えるからこういう問題になるのです

音楽はワンフレーズ似ていたってよく取り立たされますが
たったドレミファソラシにちょっとの半音と休符だけの組み合わせで似ないのが出ないわけがないでしょうと

絵のタッチだって技法と題材が同じなら似る事も多いでしょう

作品のキャラクターなんて組み合わせ爆発とはいえ
特定の要素は似通ってくるものです

同人誌で儲けてるって話は別です
諸経費(印刷代・旅費・イベント参加費・作成までにかかった経費)含めて大きく儲けが出た!って人
そんなにいないと思いますよ
逆に言えばそれだけの人がそれを欲しがったってことですし
委託販売に関しては中間業者が入るから仕方のない事だと思いますけどね
中間業者だって同人誌だけでそこまで大きな収益得てないだろ、と思いますよ

単に、僻み。
自分が得ることのできないものが自分にとって「損」だと思っている人の僻みですよ
大抵の作者は自分の作品のキャラでもいい作品(ただし作者視点で)になってたら嬉しいと思うぞ
いや、一部には僻むのもいるけど 人間だからねそういうのもいる

じゃあなんで企業が訴えることがあるかって?

企業イメージだよ

でっかい金かかってるとこは本当に損になるからね

だから同人誌は「読んでくれてありがとう読ませてくれてありがとう」の共同補助が成り立たないとダメなので
同人誌内で「買ってくれた人ありがとう買わない奴は死ね」ってやると反感を買うんだよというお話。
…同人誌とかオリジナルとか関係ないわなこれ
どんなものでもそうだわ

ちなmugenは著作者人格権の同一性保持権に引っかかることが多いね

コメント

非公開コメント
プロフィール

はいうぇい

Author:はいうぇい
ようこそ!スケベエルフの森へ
やってることがコロコロ変わる

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ